So-net無料ブログ作成

大阪で街頭活動 [大阪府]

大阪で街頭活動を行ってきました。
25日は昼に大阪駅前、26日は朝に栂・美木多駅、夕方に堺東駅、27日は朝に堺駅、昼に難波駅。
多くの方にご声援を頂き、エネルギーをもらいました!


nice!(0)  トラックバック(0) 

日刊スポーツに掲載、英語ページ更新 [大阪府]

19日の日刊スポーツ(大阪版)21面に、政調費の返還について記事が掲載されました。
また、先日の朝日新聞が英語版に翻訳されましたので、英語ページでご紹介しています。
http://www.otsuji-k.com/english.html
http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200706190088.html


nice!(0)  トラックバック(0) 

政務調査費を返還してきました [大阪府]

大阪府議の政務調査費をめぐり、府監査委員が「目的外支出」と認定した計3億4千万円の返還を勧告した問題で、私が指摘を受けた分の約42万円について、府議会に自主返還する手続きをしてきました。

勧告を受けた府議や元府議112人のうち、返還に応じたのは私が第一号で、朝日新聞、読売新聞の関西版の夕刊に紹介されました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

政務調査費の自主返還について [大阪府]

○金曜日に外部監査人より、平成16年度、平成17年度支給分の政務調査費についての監査報告書が出されました。私の政務調査費についても、一部目的外支出であるという指摘がありました。

○私としましては、平成13年4月に大阪府議会事務局より出された政務調査費のしおり、平成13年10月16日付けの全国都道府県議長会が示した「政務調査費の使途の基本的な考え方について」に沿って、適正支出であると認識し、政務調査費を使いました。しかしながら本年4月の府議会で私も賛成し、委託した外部監査人より出た基準によると、支給を受けた個人分の政務調査費1176万円(平成16年度、17年度合計)のうち一部41万7504円(インターンシップ派遣事業年会費、駐車場1/2按分分等)が目的外支出であるとの判断がなされました。

○今回の監査基準については、議会内でも議論があることは私も理解しておりますが、外部監査人の指摘を真摯に受け止め、今回の指摘の受けた金額については自主返還を致します。6月18日に大阪府庁において、自主返還の手続きをする予定です。私は現在府議会議員という立場ではありませんが、今後、府議会において監査基準(使途基準)についてより明確化する議論がなされることを希望致します。


nice!(0)  トラックバック(0) 

臨時議会 終了 [大阪府]

4月臨時議会が終了しました。大阪府議会の本会議場や会派控え室も、本当に今日で最後です。(任期は29日まで)再選された議員さん、残念ながら落選された議員さんの顔を見ながら、なんだか卒業式のような気持ちでした。

今回の議会で決まったことのメインは、平成16年度、平成17年度の政務調査費の使途について、外部監査人による監査が入ることになったということです。監査人からは、収支報告書以外に、領収書や詳しい資料の提出、また会派、個人へのヒアリングがなされます。この監査の報告書は、6月半ばあたりに出る予定です。

ちなみに大阪府議会の政務調査費は、議員個人に月額49万、会派に一人当たり月額10万が支給されています。この外部監査を期に、政務調査費の使途基準が明確化すると思います。外側から見えにくい、ブラックボックスだと呼ばれないような政務調査費のあり方について、議論を進めていくことが必要です。

私の2005年度(平成17年度)の政務調査費については、今年1月号の通信の4ページ目で公表しております。(領収書は事務所にて公開しております。現在の規則では、領収書は保管のみで、報告書への添付義務はありません。)
http://www.otsuji-k.com/backnumber/bn1104.html

2004年度(平成16年度)はこちらです。
http://www.otsuji-k.com/backnumber/bn0903.html


nice!(0)  トラックバック(0) 

臨時会が招集告示されました [大阪府]

4月23日(月)午後1時から、大阪府議会臨時会が招集されました。内容は以下のとおりです。
1、個別外部監査契約の件
2、大阪府勢条例一部改正の専決処分の件
3、損害賠償請求事件の控訴の専決処分の件
4、工事請負契約変更の専決処分の件
5、府営住宅明渡請求に伴う訴えの提起、和解及び調停の専決処分の件
6、損害賠償の額の決定の専決処分の件


nice!(0)  トラックバック(0) 

FM MOOV出演 [大阪府]

FM MOOV、繁内幸治さん(BASE KOBE)の番組でお話してきました。約1時間の番組でしたが、生放送であっという間でした。

http://www.kobestory.com/healing/emotion.htm


nice!(0)  トラックバック(0) 

本日、神戸コミュニティFMに出演! [大阪府]

本日20時からのFM MOOV、繁内幸治さん(BASE KOBE)の番組に出演いたします。神戸近郊の方、是非お聞きいただければと思います。
http://www.kobestory.com/healing/emotion.htm


nice!(0)  トラックバック(0) 

2月議会終了 [大阪府]

ご報告のタイミングが遅れましたが、12日任期最後の議会が終了しました。(写真は、12日の朝、東京から新幹線で大阪に戻る途中の雪景色です。)

通常午後1時には始まるのですが、総務常任委員会の意見開陳、採択が終了していませんでした。「裏金問題」をめぐって、知事自身の処分が甘いという意見が自民党から出て紛糾しているとのこと。

結局、議会が始まったのは、午後6時。終了は午後8時になりました。議場を出たところで、テレビ局の方から、最後の議会を終えた感想をインタビューされました。

前回の選挙の時に問題になった、任期が月の途中からでも、満額の報酬が受け取れることについては、日割り計算するという条例改正案が可決されました。(これは当然のことだと思います)

また、「性同一性障害者のための社会環境の整備を求める意見書」が全会一致で採択されました。

今回の意見書は当事者の方が公明党さんに働きかけられ、公明党、府民ネットおおさか(私の所属会派)で共同提案したものです。

意見書は2005年の2月議会に引き続き、2回目になります。ただ、今回も残念ながら、原案の時にはあった「子なし要件の撤廃」は、各会派の調整の中で、削除となりました。(大阪府議会では慣習で意見書は全会一致になるように調整します。)

以下、意見書の文章です。

性同一性障害者のための社会環境の整備を求める意見書

 「性同一性障害」とは、心の性(性自認:自分の性をどう認識するか)と体の性とに違和感があり、それが、診断基準を満たした場合を言い、その数は1万人から10万人に1人と言われ、大阪府にもこの問題に直面している多くの府民がいる。
 1997(平成9)年に日本精神神経学会によるガイドラインが定められて以降、外科的治療である性適合手術が国内の医療機関でも合法的に行われるようになったが、専門医は少なく、保険適用もないのが現状である。
 2003(平成15)年7月に「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が施行され、性同一性障害者の性別変更は可能となったが、いまだ当事者の置かれた状況は厳しいものがある。
 誰もが、戸籍上の性別に関わらず、普通の日常生活や社会活動が可能となるような社会環境整備が必要である。
 よって国会および政府は、以下のことを早急に検討、実施されるよう求める。

1  公文書および公的文書からの性別記載の可能な限りの削除の検討。
2  就職差別、不当解雇、職場差別などの禁止。
3  治療の保険適用・対応医療機関の拡充など医療面での国の支援。
4  教育、医療関係従事者など性同一性障害にかかわる専門職の人々への研修。
5  セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)といった多様な性を含む教育の充実および教育現場での理解の促進。
6  当事者を含む社会に対する啓発、情報提供、相談機関の確保。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成19年3月12日

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
法務大臣
文部科学大臣
厚生労働大臣
内閣官房長官 各あて

 大阪府議会議長
            北川 法夫

http://www.pref.osaka.jp/gikai/hokoku/0702/iken070206.html

2005年2月議会での意見書採択について
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2005-03-23-1


nice!(0)  トラックバック(1) 

知事質問 [大阪府]

教育文化常任委員会での知事質問が終了しました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。