So-net無料ブログ作成
検索選択

介護保険 軽度者の分離検討 [福祉]

5月5日の新聞記事で「介護保険 軽度者の分離検討 厚労省」というニュースが報道されている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013050602000119.html

記事を読んで見ると、財政負担の観点からの介護サービスの切り捨てに思えてならない。

私が勤めていたデイサービスでも要支援の方はいらっしゃった。

要支援だと、介護報酬が月額で一律のため、実質的に利用が制限されていた。
だいたい、週一回の利用、週二回利用を受け入れるデイサービスは珍しい。

それでも、一人での外出が難しい方、ご近所、近隣での交流が難しい方には、大切な居場所であり、出かける場所だ。

今回、介護保険の適用除外になれば、この方々はどこに行くのか?
市町村でのサービスとなると、地域格差が生じる。

もうひとつの問題点は、要支援と要介護を行き来する方々の問題だ。

認定で、要介護になれば、ケアマネさんが担当となり、それでADL(日常生活を送るのに最低限必要な,日常的な動作)が上がれば
要支援になって、地域包括の職員が担当となる。

このように、要支援と要介護のはざまを行き来する方々は今でも、担当者の変更、
制度の制限で大変混乱されている。

要支援が切り離されるとさらに混乱が起こるだろう。

介護保険が目指した包括的なケア、継ぎ目のないケアの理念はどこにいくのだろうか。

nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。