So-net無料ブログ作成

グループホーム火災 [福祉]

長崎県のグループホームで火災が発生し、4名の方が死亡、2名の方が意識不明の重体となっているとのことです。

火災の原因などは、個別の問題もあるかと思いますが、さまざまな報道記事などでも触れられている
ように、
・補助金だけで、スプリンクラーをつけることができないという補助金額の問題。
・グループホームが自費でスプリンクラーを取り付けることは難しいという財政的問題。
・夜間の人員配置の困難さの問題。

が透けて見えてきます。

介護保険施設は年に2回、消防訓練が義務付けられていますし、そのうち一回は必ず消防署と連携して
避難訓練等を行います。

私も勤めていた入所施設での避難訓練を入居者の方とやっていました。

2階から4階に45名の入所者の方がおられます。

もし、夜間の時間帯でしたら、職員は2名です。

居室から万が一火が出た場合、そして燃え広がった場合、2名で45人の方に避難して頂くのは、
物理的に大変難しいといわざるを得ません。(要介護の方がほとんどですので、自力歩行が
難しい方も多いのです)

職員にできるのは、火事をおこさないことです。

最低限の人数しか配置できない介護報酬の仕組み。
そして、安全に対してのコストの負担の方法。

ここを再考しない限り、根本的な解決には至らないと考えます。

今回、犠牲になった方々に哀悼の意を表します。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。