So-net無料ブログ作成
検索選択

3・11 [福祉]

2011年3月11日のすぐ後の日記です。


震災が金曜日だったから、丸一週間がたった。

デイの日に地震が起こり、停電した。

そこから、まずは利用者さんに落ち着いて頂けるように、ギターを弾いて
気分を変えてもらい、信号機がつかない渋滞の中を利用者さんを送って行った。

ある家では、昇降機が停電で動かず、
70キロ近い方をおぶって階段を上った女性スタッフがいた。

次の日は、昼過ぎまでのサービス。

月曜日からは通常営業。

計画停電によって、入浴時間が変わる。
ポットも動かなくなる。
暖房もきかなくなる。

そして、ガソリンの確保も厳しい中、列に並んでなんと確保している。

余震はあるが、大きいのでない限り、大騒ぎしてはいけない。
利用者さんに動揺が広がってしまうため。

停電の日は、どうしても歌が多くなる。
そろそろ声が枯れてきた。

うす暗い部屋で歌う歌。

今、ここで、できることをするしかない。

明日も仕事だ。

明日は停電がないらしい。それだけで、ほっとする。

停電だから、サービス提供できないと断らないことが、どれだけ大変か。

しかし、いつも通りデイがあるからこそ、ご家族の皆さんも通常の生活できるという側面もある。

スタッフも、原付で来たり、足の確保に頑張っている。

みんなで力を合わせて、乗り切っていきたい。

いつもどおり、デイのサービスを滞りなく提供すること。

これが、今回の私の震災でできること。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。