So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴォイス・オブ・ヘドウィグ [映画]

22日から、東京大阪で公開中の「ヴォイス・オブ・ヘドウィグ」。

先月、監督のキャサリン・リントンさん(オープンなレズビアン)が映画の宣伝にいらっしゃった時に、お会いすることができました。

詳しくは、allaboutで記事になっているので、ご覧頂けるとうれしいです。
http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/closeup/CU20070905A/index.htm

この映画は、アメリカにあるハーヴェイ・ミルク高校に通う生徒たちの物語と、その高校に寄付をするために映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で使われた曲を有名なミュージシャン(オノ・ヨーコ、シンディ・ローパ)たちがレコーディングをしてチャリティアルバムをつくるという二つのストーリーが重なっています。

ハーヴェイ・ミルク高校とは、LGBTの子どもたちが学校や家庭から排除されてしまい、学びの場を失ってしまうことに対して、何とか通える学校をつくろうとできた場所です。

リントン監督とのお話の中で印象に残ったのは、「この映画の主人公は有名なミュージシャンじゃない、学校に通う子どもたちだ」という話でした。

生きにくさを抱えた10代の子どもたちが自分たちの可能性を信じ、自分の居場所をつくっていく。一度は家族や学校が自分を否定したとしても、それで人生を諦めずに自分らしく生きていく。そのパワーに元気をもらえる映画です。

監督はインタビューの最後にこのようなメッセージをくれました。
「自分の声を見つけること。そして、自分に誇りを持つこと。ゲイであることは神様からもらったものです。
けっして恥ずかしいことではありません。自分を愛して、そして、あなたのコミュニティを愛して下さい」

映画の詳しい情報は、公式ホームページをご覧下さい。
http://www.uplink.co.jp/voiceofhedwig/


nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。