So-net無料ブログ作成
検索選択

都城市の条例について [人権(LGBT等)]

「性別又は性的指向」という言葉をすべてで包括できる時は、性別や性的指向による差別がなくなった時です。

旧条例から新条例提案までの間の約2年の間に、性による差別、性的指向による差別はなくなったのでしょうか?なくなったのなら、「すべて」と包括する存在にしてもいいと思います。

しかし、このパブリックコメントを見てください。
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/pabukome/shiminseikatu/seikatubunka/danjokentoukekka.jsp

☆「性的指向にかかわらず」という表現は必要ないのではないか。主語は「男女」でいいのではないか。
☆性的少数者の人権を条例で認める必要はないのではないか
☆この条文があることによって、性的少数者の方が、教育の場に立つ事も考えられる。一般の市民に受け入れられるのか。

明らかに差別、偏見に満ちた文章です。このパブリックコメントからわかることは、いまだに性や性的指向による差別は人々の意識の中にあることが浮き彫りになったわけです。本来なら、このパブリックコメントを受けて性別又は性的指向は残すべきだという判断をするのが妥当ではないのでしょうか?削除の判断を議会がするということになってしまえば、差別を容認した新条例という位置づけになってしまうことをどうか長峯市長、都城議会の議員の方々に理解して頂きたいと思います。

関連リンク
これが日本の社会の現実なのか・・・。 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-04
賛同人を募ります! http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-04-1
賛同人 現時点で約120名です http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-06
国や自治体におけるセクシュアルマイノリティの政策  http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-08
府中青年の家裁判 都城市関連記事 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09
タウンミーティング要旨 都城市関連 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-1
都城市条例新旧対応表一部 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-2
宮崎日日新聞に掲載 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-3
憲法14条を知っていますか?都城市 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-4
都城市の議会日程 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-11-1
署名ただいま約250名 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-11-2
宮崎日日新聞 社説 http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-11-3


nice!(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。