So-net無料ブログ作成
検索選択

水と緑の健康都市(予定地) 視察 [環境]

今日は朝から大阪府北部の箕面市へ。近隣の市議会議員、町議会議員さん、府議会の小沢議員とともに、「水と緑の健康都市」の工事現場を視察に行ってきました。

奥はオオタカの営巣が確認されたため、保全地になっています。

これが造成地。ここが宅地になります。

豊能町のときわ台が見えています。(箕面というブランド力があるから)ときわ台より高く売れると説明されましたが、道路一本離れただけでそんなに地価が変わるのでしょうか?

大阪府はここに、9600人のニュータウンを作る計画です。人口減少社会において、新たな住宅地は本当に必要なのでしょうか?今日の視察で思ったことは、土地区画整理事業は本当に止められない、ということです。収支でみると、大阪府は750億円の持ち出しです。もちろん、計画当時の意思決定をした人たちはもういません。まさに誰も責任を取らない公共事業です。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。