So-net無料ブログ作成
検索選択

Lifers~終身刑を超えて~ [映画]

午前中、十三の第七芸術劇場でドキュメンタリー映画「ライファーズ Lifers~終身刑を超えて~」を鑑賞。Lifersとは、英語で終身刑となった人たちのことです。
http://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html

刑務所内で社会復帰プログラムを実施している「アミティ」という団体に関するドキュメンタリーなのですが、この団体の特徴は、犯罪者や薬物依存者をその行動によって罰するのではなく、彼らの「感情」に働きかけ、「脱暴力」の問題解決ができるように導くことです。

「エモーショナル・リテラシー」という言葉があります。自らの感情を受け止め、理解し、表現する能力を高めることを意味する言葉ですが、日本でももっと注目されてよい考え方だと思いました。

このドキュメンタリーをみて、
「人間は変わることができる」
「刑務所という絶望の場所にも、希望をつくっていくことができる」
というメッセージが伝わってきました。

余談ですが、私は見る映画が偏っていると言われています。
この前見たのは、マイケル・ムーアの「華氏911」、その前は朝鮮戦争を描いた「ブラザーフッド」でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。